住宅ローンシュミレーションと家計収支のキャッシュフローとは?

住宅ローンシュミレーションでポイントとなるのはキャッシュフローによる長期の家計の収支計算です。
マイホームを購入することで、家計にどんな影響があるのかみておくことが大事です。
影響をみるポイントとしてはライフイベントの兼ね合いが挙げられます。
子どもの誕生と同時に将来の教育費も、ある程度見積もることができます。
子どもの教育費などライフイベントに伴う家計の負担増とピークを住宅ローンを組み際にみておきたいところです。
もう一つは購入したことで生じるコストを加味することです。
マイホームも経年劣化でリフォームの必要性も生じ、マンションであれば共用施設の修繕などにコストが掛かります。
これも住宅ローンを組む際に計算しておかないと、コスト増のために新たなローンを組むことも必要になってきます。
教育ローンと住宅ローンなどライフイベントのタイミングによっては複数のローンが家計の負担に影響することがあるため、将来のキャッシュフローを計算しながら、身の丈に合った住宅ローンを組むことが大切です。
自営業・経営者の住宅ローン研究!審査のポイントは?【おすすめは?】