消費者金融の規制緩和と自己責任について

消費者金融の規制緩和が総量規制の撤廃と上限金利の引き上げと言う形で実現しようとしています。
今まで追加で借りたくても総量規制のために借りることができなかった人が、この規制緩和が実現すると追加で融資を受けることができるようになるのです。
ただし金利が上がる可能性もあり、支払はかなり苦しくなることが予想されます。
このことはカードローンによる生活破綻者の増加を生みますが、考えようによってはそれも自己責任だと言う話もあります。
しかし買い物依存症の人は一種の病気なのでそのような人に自己責任だと言えるがどうかは別問題です。
消費者金融の規制緩和は議論を重ねているようですが、このような問題は全く考慮されていないようです。